群馬県



車やバイクがないと大体死にます。

だからおそらく

何世代か後の群馬県の人間は

エンジンとタイヤを標準装備として、ガソリンと電気を主食として、この世に生を受けるに違いありません。

なぜならそれが生きとし生ける者に課せられた十字架

我々宇宙船地球号の乗組員が連綿と綴ってきた歴史

ある種の義務とも言うべきメタモルフォーゼ

すなわち生存して行く為の順応、進化だからです。

残念ながら今の我々にはまだその進化は訪れないようですし、おそらくそれを目にすることは無いでしょう。

僕が新人類第一号として、上述した車人間に改造されてあげても良いのですが、

急にそんなんになっても皆ビックリするよね。

いきなり顔面がフロントグリルになったりしたらさ。

だから誰か僕に車を買って下さい。

セドリックワゴンとか。

ブモォ〜〜〜


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です